町おこしプロジェクト

FAX:0564-73-2956
受付9:00〜18:00 水曜定休

会社概要

見出しが必要であればここを使います
見出し GoogleMapで地図を貼り付けたい人は解説がありますのでご覧下さい。
見出し ここに説明など入れて下さい。サンプルテキスト。
見出し ここに説明など入れて下さい。サンプルテキスト。
見出し ここに説明など入れて下さい。サンプルテキスト。
見出し ここに説明など入れて下さい。サンプルテキスト。
見出し ここに説明など入れて下さい。サンプルテキスト。
見出し ここに説明など入れて下さい。サンプルテキスト。

当テンプレートについて

当テンプレートはレスポンシブWEBデザインです

パソコン、スマホ、タブレットなど、各端末サイズでレイアウトが自動で切り替わります。
古いブラウザで閲覧した場合にCSSの一部が適用されない(角を丸くする加工やグラデーションなどの加工等)のでご注意下さい。IE8以下の挙動は考慮していません。

各デバイスごとのレイアウトチェックは

最終的なチェックは実際のタブレットやスマホで行うのがおすすめですが、臨時チェックは最新のブラウザで行う事もできます。ブラウザの幅を狭くしていくと、各端末サイズに合わせたレイアウトになります。

注意:cssはリアルタイムで反映されますが、javascript(js)はブラウザを再読み込みさせないと反映されないので、レイアウトが切り替わったらブラウザを再読み込みさせて下さい。javascriptは小さい端末用の開閉ブロックなどに使われています。

各デバイス用のスタイル変更は

cssフォルダの各cssファイルで行って下さい。詳しい説明も入っています。
メインのスタイルはstyle.cssになります。
前半はパソコン環境を含めた全端末の共通設定になります。中盤以降、各端末向けのスタイルが追加設定されています。
media=" (~)"の「~」部分でcssを切り替えるディスプレイのサイズを設定しています。ここは必要に応じて変更も可能です。

小さい端末(※幅800px以下)の環境でのみ

メインメニューが折りたたみ式(3本バーアイコン化)になります。バーのスタイル設定もstyle.cssで行う事ができます。

画像ベースは

「base」フォルダに入っていますのでご自由にご活用下さい。
写真の元素材を当社運営のPHOTO-CHIPSDECORUTOで配布している場合もございます。

当テンプレートの使い方

初心者向けマニュアル公開中

画像加工やテンプレートの編集方法、無料サーバーを使ってサイトを公開するなど動画をまじえてわかりやすく解説しています。
初心者向けマニュアルはこちら。

注意:当テンプレートにはメインメニューが「2箇所」入っています

パソコンなどの大きな端末「menubar(幅801px以上)」向けと、タブレットやスマホなどの小さな端末「menubar-s(幅800px以下)」向けがそれぞれ入っています。大きな端末向けは編集ソフトで見れると思いますが、小さな端末向けは見えないと思いますのでhtml側で編集して下さい。

titleタグ、copyright、metaタグ、他の設定

titleタグの設定はとても重要です。念入りにワードを選んで適切に入力しましょう。
まず、htmlソースが見れる状態にして、
<title>不動産業者向け 無料ホームページテンプレート tp_fudosan15</title>
を編集しましょう。
あなたのホームページ名が「サンプル不動産」だとすれば、
<title>サンプル不動産</title>
とすればOKです。SEO対策もするなら冒頭に重要なワードを入れておきましょう。

copyrightを変更しましょう。
続いてhtmlの下の方にある、
Copyright© サンプル不動産 All Rights Reserved.
の部分もあなたのサイト名に変更します。

metaタグを変更しましょう。
htmlソースが見える状態にしてmetaタグを変更しましょう。

ソースの上の方に、
content="ここにサイト説明を入れます"
という部分がありますので、テキストをサイトの説明文に入れ替えます。検索結果の文面に使われる場合もありますので、見た人が来訪したくなるような説明文を簡潔に書きましょう。

続いて、その下の行の
content="キーワード1,キーワード2,~~~"
も設定します。ここはサイトに関係のあるキーワードを入れる箇所です。10個前後ぐらいあれば充分です。キーワード間はカンマ「,」で区切ります。

h1ロゴのaltタグも変更しましょう。
html側に、
alt="サンプル不動産"
となっている箇所があるので、この部分もあなたのサイト名に変更しましょう。

上部のロゴ画像について

文字なしの土台画像がbaseフォルダに入っていますのでそれにサイト名をのせてimagesフォルダに上書きして下さい。画像の大きさは自由に変更してもらっても構いませんがある程度大きくしておいた方が高解像度の端末で鮮明に見えます。

ロゴサイズ変更は
cssフォルダのstyle.cssの「header #logo」のwidthの数字で変更できます。各端末サイズごとに設定がある場合があるので注意して下さい。

上部メニュー「▼物件を借りる」「▼物件を買う」のドロップダウンメニューについて
※801px以上の端末の場合。

<li><a href="javascript:void(0)" class="cursor-default">親のメニュー名</a>
 <ul class="ddmenu">
 <li><a href="#>子メニュー名</a></li>
 <li><a href="#>子メニュー名</a></li>
 </ul>

</li>

のように、親となるリストタグ<li>〜</li>の中にドロップダウン用のメニューを加えて下さい。
class="ddmenu"の指定でドロップダウンメニューとして認識されます。親のリスト(li)タグの「中」にある必要があるので間違えないように注意して下さい。

小さな端末向け「>物件を借りる」「>物件を買う」の開閉メニューについて
※800px以下の端末の場合。

ドロップダウンに似た動作をしますが、こちらはメニューの開閉ブロックを入れ子にしています。

<li id="menubar_hdr2" class="close">物件を借りる
 <ul id="menubar-s2">
 <li><a href="#>子メニュー名</a></li>
 <li><a href="#>子メニュー名</a></li>
 </ul>

</li>

「menubar_hdr2」が親メニューの指定で、「menubar-s2」が子メニューへの指定です。これらはidでしか使えない為、開閉ブロック単位で「違う名前」をつけて下さい。
例えば、上記は「物件を借りる」になりますが、「物件を買う」だとそれぞれ「menubar_hdr3」「menubar-s3」と名前を変更しています。

名前を設定したら、html下部にjavascriptの設定をします。実際に見てもらった方が早いのですが、

<!--「物件を借りる」の子メニュー-->
<script>
if (OCwindowWidth() <= 800) {
open_close("menubar_hdr2", "menubar-s2");
}
</script>
<!--「物件を買う」の子メニュー-->
<script>
if (OCwindowWidth() <= 800) {
open_close("menubar_hdr3", "menubar-s3");
}
</script>

の部分です。
新しい開閉ブロックを追加する場合は、コピペしてここの指定も忘れず行って下さい。

トップページの日本地図ブロックについて(※701px以上の端末で表示されます)

cssフォルダのmap.cssで設定しています。
地図の左手(日本海側)の「◯賃貸物件」や「借りる」などのパーツを増減すると、日本地図もずれてきますので、その際はmap.cssの
/*日本地図
のブロックにある、
margin-top: -400px; /*地図を少し上にずらす指定*/
の数字を調整してみて下さい。
閲覧する端末サイズでも変動するので、できるだけ細かくプレビューチェックしましょう。

トップページの都道府県プルダウンについて(※700px以下の端末で表示されます)

小さな端末からだと日本地図が見づらいので、代わりに都道府県のプルダウンが表示されるようにしています。
html側にこのプルダウンのブロックが入っていますので、option value(=リンク先)の値を必要に応じて変更して下さい。

リストタグを使いたい場合の注意点

そのままではリストマークが出ませんので、リストタグを使う場合は以下のようなスタイルを追加して下さい。

<ul class="disc">
<li>リストタグ</li>
<li>リストタグ</li>
<li>リストタグ</li>
</ul>

↓出力例

  • リストタグ
  • リストタグ
  • リストタグ
  1. olタグはそのままででます。
  2. olタグはそのままででます。
  3. olタグはそのままででます。
  4. olタグはそのままででます。

html側には以下の2種類の画像が配置されています。


パソコンなどの大きな端末で見た場合、上段のバナー画像が表示されますが、そのまま小さな端末レイアウトになってしまうと1カラム化される分、バナーが特大サイズになってしまうので、高さを圧縮した下段のタイプを用意してそちらを表示させるようにしています。
表示の切り替えは簡単で、大きな端末(801px以上)で見せたい方にはclass="pc"とし、小さい端末(800px以下)で見せたい方にはclass="sh"とするだけです。

このスタイルは他のブロックなどにも臨機応変に使えます。画面サイズで表示内容を変えたい時など利用して下さい。

現在ページ表示中のメニューについて

上部メインメニューをクリックした際にメニューに色がつきますが、その設定の説明です。
通常は、
<li><a href="">メニュー名</a></li>
のようになっていますがこれを、
<li class="current">・・・
とする事で色がつきます。自動で色がつくわけではないのでご注意下さい。

左右のブロックを入れ替えたい場合

cssフォルダのstyle.cssの、
#mainの「float: left;」を「float: right;」に、
#subの「float: right;」を「float: left;」にする。

スクロール中に出る「↑」アイコンについて

fixmenu_pagetop.jsで動作の制御を、cssフォルダのstyle.css内の
/*PAGE TOP(↑)設定
でボタンデザインを設定しています。
ボタンの出現ポイントは、現在350pxの場所になっています。変更したい場合はfixmenu_pagetop.jsの34行目あたりにある、
offsettop = 350;
の350を変更して下さい。

1カラムレイアウトに簡単にチェンジできます

c1.htmlをご覧下さい。

おすすめ物件情報

運営

町おこしプロジェクト
愛知県岡崎市大平町西上野107
FAX:0564-73-2956
(AM9:00〜PM5:00 水曜休み)